ローンとキャッシングの違いは?

ローンとあわせて、キャッシングという言葉があります。

皆さんも、テレビCM等で耳にしたことがあると思います。ここでは、キャッシングについての説明をします。



ローンを組むといった場合、自動車や住宅を購入する際に行うことが一般的です。

つまり、何か物を購入する目的等があって、ローンを組むということです。

この場合にローンを組むのは、第1にはまとまったお金を得てから価値の高い物を購入するためです。

この点は、ローンの項で述べたとおりです。もう1つは、お金を貸す側が、購入した物を担保にすることができるからです。

つまり、もしローンの返済ができなかったとしても、ローンを組んで購入した自動車や住宅を処分することで、返済しきれない分のローンを回収することができるということです。

一方で、キャッシングというのは、物を購入したときに行うといったものではなく、一般的には無担保でお金を借りることをいいます。

担保を立てないため、借りられる金額は多くはありません。

しかし、急にお金が必要になった事態であれば、有効に活用することができると考えられます。

ただ、銀行等の金融機関によるローンに比べて金利は高いことが一般的であり、返済額が高額になることがあります。

このような事態を重くみて、消費者金融に対しては金利について規制がかけられるなどの対策が取られています。

また、歴史的低金利の昨今ではより低金利で借り換えができるローンも多数登場しています。こうした借り換えローンを利用して金利を引き下げることも可能です。

借り換えローンガイド



中古車買取りと査定と下取りについて






最近では物価が高くなってきてしまったこともあり、非常に家計も苦しくなっています。そのような中で、家計の負担となっているのが、車の購入費用になります。
ホンダバモスのホワイトカラーは査定額が高くなるカモ
車は一時的に非常に高額な資金が必要になるため、購入後は貯金などがなくなる恐れがあります。その際には、高額な支払いを出来ない場合など、マイカーローンなどを組むなどして、きっちりとした購入計画を立てていかなくてはなりません。そのような場合、毎月のローン支払いなどの負担も大きくなってしまいます。そこで、最近では、中古車買取りを実施する人が増えてきました。自分の車を一度査定してもらい、納得のいく価格であれば下取りしてもらうという形になります。こうすることで、家計の負担も減ってきます。





一般的にはサラ金を利用する場合






多くの場合カードローンの契約では自宅に明細が届きますが、スマホなどで郵便物なしで家族にバレずに利用できるところもあります。
低金利カードローン、キャッシングに乗り換える
借金した金額と返済した金額、そして毎月の返済金額と今の融資残高をエクセルなどで管理しておくことが有効的でしょう。何ヶ月もの間返済し終えずに借入の状態を続けるのは貸金会社にずっと利息を取られることになるので金利が大きくなりもったいないと思います。キャッシングを借りるときは審査が簡単な10万円くらいから借り入れする方が多いかもしれません。消費者金融をおまとめすることのメリットは金利が低いローンに借り換えることで返済総額を減らしたり毎月の負担を減らせることです。利率の低いローンにまとめるのがベストですが、借り換え金額が数百万になってくると審査の厳しさの問題がでてきます。





物的担保



物的担保とは、物を担保にすることです。

ここでいう物とは、基本的には土地や建物といった不動産です。

自動車ローンの場合には、自動車が担保となる場合もあります。

ここでは、物的担保について説明します。



物的担保として一番利用されているのは、抵当権だと思います。

抵当権は、土地や建物といった不動産に対して設定されます。

物的担保の中には、担保に供した物をお金の貸し手に対して渡さなければならないものもあります。

しかし、抵当権の場合は、抵当権を設定した土地や建物を相手に渡す必要はなく、そのまま利用することができます。

そのため、物的担保の中ではよく利用されているのです。



人的担保と比較すると、物的担保の方が担保としての力が強いと考えられています。

人的担保の項でも説明しましたが、人的担保の場合、保証人の財力が変わってしまうことがあります。

保証人の経済力が増える分には問題ありませんが、減少した場合にはお金の貸し手としては貸したお金を返してもらえない可能性があります。

一方、物的担保の場合、物の価値というのはあまり大きく変動することはありません。

特に、土地というのは、急に値段が上がったり下がったりするものではありませんし、高い価値をもっています。

そのため、お金を貸す側の銀行等は、物的担保を重視する傾向にあります。

銀行等は損をしないように、慎重にお金を貸す相手を選んでいます。

このように考えると、銀行等が住宅や自動車を買う際に、積極的にローンを組むように勧めてくる理由も分かるのではないでしょうか。





人的担保



いきなり人的担保といわれても、何のことか分からないと思います。

人的担保とは、分かりやすくいうと、保証人のことです。

連帯保証人といわれると、今までに何度も耳にしてきたことがあるでしょう。

しかし、連帯保証人を含め、保証人とはいったいどういう人のことをいうのでしょうか。

ここでは、人的担保について説明します。



保証人とは、お金を借りた人が返せなくなった場合にその人に代わってお金を返す義務を負う人です。

原則として、借りたお金のうち返済していない金額すべてについて返済する義務を負います。

つまり保証人になると、お金を借りていないにもかかわらずお金を支払う必要があるということです。

これは、連帯保証人であっても同じことです。

「連帯」という言葉はついていますが、基本的には保証人と同じです。

借りていないものだけど返す、少し想像しただけでも恐ろしいことです。

もしあなたが保証人になるように求められたら、十分慎重に検討していただきたいと思います。



現在の金融業界では、この人的保証は大変活用されています。

お金を貸す側から見ると、貸したお金を返してもらえるあてが複数あるということは、損をする可能性が低くなるからです。

そのため、保証人を立てると、銀行等はお金を貸してくれやすくなります。

ただ、保証人も日常生活を送っている以上、いつお金が無くなるか分かりません。

そのため、別項で説明する物的担保よりも担保としての力は弱いといえます。







学生ローンは最後の砦



学生ローンとは、学生が消費者金融等からお金を借りることです。

学生には奨学金という学習支援サービスがありますが、学生ローンとは異なります。

あくまでお金を借りる人が学生を中心としていることから学生ローンと呼ばれているだけであって、中身は一般のローンと変わりありません。

ここでは、学生ローンについて説明します。



学生は、基本的には勉強、サークル活動やアルバイトなど、比較的自由に時間を使うことができます。

しかし、そのすべてを満足いくまで行うことはなかなか難しいといえます。

そのため、勉強を一生懸命にやっていれば、アルバイトの時間を確保することができず、お金に困る事態が生じることもありえます。

常に仕送りが得られる学生ばかりではありませんから、お金に苦労する学生は少なくないでしょう。

そのような学生に対して、学生ローンの存在は、いわば最後の砦として重宝するかもしれません。



しかしながら、学生ローンも借金ですから、無計画に利用することは避けるべきです。

特に、先ほど述べたような状況にある学生の場合、学生ローンでお金を借りたとしても、その後にそのお金を返せるかどうかは分かりません。

借りたお金を無理に返そうとすると、勉強その他の生活を省みることなくアルバイト等で働く必要が出てきてしまいます。

これでは本末転倒です。

学生ローンは利用するまでのハードルは低いです。

ですから、きちんと返済までの道筋をきちんと見定めてから、利用するべきです。





ローンの仕組み



住宅ローンや自動車ローンなど、世の中にはさまざまなローンがあります。

ここでは、それらのローンを1つにまとめる「おまとめローン」について説明しています。

その前に、ローンについて正確に理解しておくことにしましょう。



住宅や自動車を購入しようと思っても、これらは何百万円や何千万円という価格で売られています。

もちろん、そこまでお金を貯めて一括で現金で支払うこともできます。

しかし、そのような手段を採ることができるのは、ほんの一握りの人たちだけです。

それでは、その他大勢の人たちは、自動車や住宅を持つことはできないのでしょうか。

そこで利用されるのが、ローンです。

つまり、ローンとは、今手元にお金がなかったとしても、大きな買い物ができるという利点があります。



ローンは、どのような形で利用することができるのでしょうか。

ローンは、銀行等の金融機関との間で契約を結ぶことによって利用することができます。

ローンは、簡単にいうと、銀行等からお金を借りることです。

お金を借りる方は、まとまったお金を借りることで高価な物を購入することができます。

他方でお金を貸す方は、貸したお金の利息が収入となります。

金融機関によって、借りることのできる金額や金利が異なります。

ローンを組むとしても、購入する物や支払期間に応じて、自分に有利な金融機関を選ぶことができます。

前の記事